メニュー 閉じる

おすすめ海外wifi一覧

Site List

海外wifiランキング

Ranking

海外wifiお役立ちコラム

Column

海外に持っていくwi-fiはなぜ保険加入が必要?

海外に持っていくwi-fiはなぜ保険加入が必要?

海外ではスマートフォンを快適に使うために、「レンタルwi-fi」が活躍します。しかしレンタル期間中に万が一のことがあったときには、どうすれば良いのでしょうか?

ここではレンタルwi-fiの保険について、商品の内容やサポートサービス、加入するべきかどうかなどを詳しく説明します。

海外wi-fiレンタルの 「補償制度」とは?

海外用のレンタルwi-fiは、万が一の紛失や故障、破損などに際して「補償制度」が設けられています。これは万が一、レンタルwi-fiに何らかのトラブルが起きたとき、利用者の弁償代金を補償するものです。

補償範囲は各レンタル会社が定めるものですが、だいたい弁償費用の80%~100%が免除になります。

wi-fiルーターは意外と高い!

海外に持参するポケットwi-fiは、ルーター本体に付属品が付いて貸し出されます。それらの破損や紛失が起きた場合、弁償代金は数万円以上になります。

目安として、「イモトのwi-fi」の弁償費用を例に挙げてみたいと思います。

wi-fiルーター本体 (全損)40,000円(端末)20,000円
SIMカード 20,000円
バッテリー 3,000円
充電器(一体型) 4,000円
充電用ACアダプター 3,000円
エネハイパー本体 10,000円
エネスマート本体 7,000円
エネループ本体 5,000円
充電用Micro USBケーブル 1,000円
シガーソケット充電プラグ 2,000円
USBモデムキャップ 5,000円
USB延長ケーブル 5,000円
250V対応3口電源タップ 3,000円
USBポート 3,000円
キャリングケース 1,000円
PCカードアダプター 10,000円
電源プラグ(マルチタイプ・Lプラグ) 3,000円
電源プラグ(単一タイプ) 500円
360度カメラ 30,000円
セルカレンズ 3,000円
折りたたみ式キーボード(本体) 10,000円
折りたたみ式キーボード(保護カバー) 5,000円
翻訳機 30,000円

上記のとおり、破損や紛失の状況によっては本体以外のアクセサリー類やカメラにも10,000円を超える弁償費用が加算される可能性があるため、保険に入っておく必要があるのです。

保険料は一日ごとに加算される

wi-fiレンタルの保険に加入する場合、保険料は一日ずつ加算されます。金額は補償内容やプランにもよりますが、一日あたり200円~500円程度。数日であれば金額的には安いので問題はありませんが、長期になるとある程度の金額になってしまうため、長期滞在時には注意が必要です。

それでも全損または紛失によって数万円以上の弁償費用を支払うことを考えると、8割以上を負担してくれる保険は心強い存在といえるでしょう。

海外旅行保険で保証を受けられる場合がある

海外旅行保険に加入していれば、レンタルwi-fiの保険に入らなくても保証が受けられる場合があります。

「賠償責任補償特約」がセットの海外旅行保険なら補償対象

海外旅行保険に付けられる「賠償責任補償特約」は、海外旅行中に誤って他者の持ち物や借り物に損害を与え、法律上の賠償責任を負ったときに、損害賠償金額が補償されるというものです。

レンタル品についても、破損・紛失・盗難によってレンタル会社に損害を与えたときには補償の対象となりますが、利用者自身がレンタル会社から直接借り入れた場合に限られます。

補償対象とならない場合

上記の例外として、旅行会社を通じて借り入れたものや貸与されたものは補償の対象になりません。あくまでも自分自身でレンタル契約を結び、契約書にサインをしたケースに限られるので、例外もあることを念頭に置いておく必要があります。

wi-fiレンタルの補償制度は入ったほうがいいの?

wi-fiをレンタルする場合、補償制度には加入しておいたほうが良いのでしょうか?さらに詳しくみていきましょう。

利用状況によって入るほうがよい場合もある

短期間でも、レンタルする以上はきちんと補償を受けておきたいところ。たとえば以下のような状況の場合は、保険に加入しておいたほうが良いと考えられます。

補償制度を利用したほうがよい人

海外旅行保険に加入していない人
海外旅行保険に入らずに旅行を楽しむ場合、最低限の備えとしてレンタルwi-fiに保険をかけておくことをおすすめします。

海外旅行保険には加入しているけれど「賠償責任補償特約」がついていない人
海外旅行保険に加入していても、賠償責任補償特約が付帯されていない場合は、レンタルwi-fiにも保険をつけておくと安心です。

レンタル会社から直接貸与されていない人
旅行会社のオプションや特典などでレンタルwi-fiが借りられる場合、保険は任意となり自動的に付帯されるわけではありません。トラブルが起きても旅行会社を通して相談することはできますが、保険に入っていなければ弁償費用は自腹になってしまうので、できれば加入しておいたほうが安心ですね。

利用する必要がない人

海外旅行保険に加入していて、「賠償責任補償特約」がついている人
海外旅行保険の中に賠償責任補償特約が付帯されている場合、レンタル品も対象になります。この場合、レンタルwi-fiに対して個別に保険をかける必要はありません。

レンタル会社と直接契約をしてレンタルしている人
レンタル業者から契約者またはwi-fiの利用者が直接レンタルしているものは、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険の「損害責任」部分でカバーされる場合があります。ただしカード会社の規約にもよるので、事前に確認しておくと安心です。

保険に加入しておけば安心につながる

レンタルwi-fiは海外旅行保険に特約がついていればその範囲内で補償されますが、保険の内容によっては個別で保険に加入しましょう。

レンタルwi-fiの保険は任意であり、強制力がないぶん利用者に一任されます。滞在期間によっては料金が大きくなる可能性はありますが、wi-fi本体とアクセサリーを全損した場合の弁償費用はさらに高額になりますので、万が一のことを想定した上で検討を。

まずは加入しているクレジットカードや海外旅行保険が、レンタル品の補償までカバーしているか確認した上で、加入を検討するようにしてください。

おすすめの海外wi-fiサイトランキング おすすめの海外wi-fi1位のサイト

おすすめサイトはこちら

スカイベリー

スカイベリー

skyberry

格安でありながら、サービスが充実している業者です。端末を購入するタイプであるため、帰国後の端末返却は不要。費用面と手軽さのメリットが大きいといえます。
また、1台の端末で同時に5台のスマホ・タブレットを接続できるという利便性が魅力で、友人同士や家族での海外旅行にもおすすめです。
・国内外問わず利用できる点
・国内料金のまま海外でも高速通信ができる点
・中国でもラインやFacebookが使える(保証はされてないがほぼ使えるみたい)

お役立ちコラムはこちら

海外でユーチューブによる高額請求を避けるにはレンタルwi-fiがおすすめ

生活の一部となりつつあるユーチューブ。毎日、いろいろな動画を視聴している方が多いのではないでしょうか。もしかすると、海外旅行先でも視聴したいと考えている方がいるかもしれませんね。あてはまる方は通信料に注意しましょう。国内と同じように考えていると、帰国後に高額な通信料を請求される恐れがあります。おすすめの対策を紹介するので参考にしてください。

海外でユーチューブを見て高額請求になる場合とは?

海外でユーチューブを視聴すると、予想外の金額を請求されることがあります。以下のケースなどは注意が必要です。

スマホのデータローミングがONになっている

スマホのデータローミングをONにしたままユーチューブを視聴すると、帰国後に高額請求される可能性が高くなります。データローミングとは、契約している携帯電話会社の電波が届かない地域に出かけたときに、その地域をサービスエリアにしている携帯電話会社の電波を利用できる仕組みです。とても便利ですが、契約している携帯電話会社のプランが適用されないため、通信量が多くなると高額請求につながる恐れがあります。

海外パケット定額サービス適用外

データローミングがオンになっていても、海外パケット定額サービスが自動適用されるプランであれば、驚くほど高額請求になることはありません。このサービスが適用されれば、1日あたり3,000円程度でユーチューブを好きなだけ視聴できます。サービス適用外地域へ出かけている方などは、何も考えずにユーチューブを視聴すると帰国後に高額請求される恐れがあります。視聴前に海外パケット定額サービスの利用条件などを確認しておきましょう。

海外でユーチューブアプリを使う場合の通信料と節約術

海外でユーチューブを視聴する場合の通信料の目安と節約術を紹介します。

通信量は画質と時間で異なる

ユーチューブの視聴に必要な通信量は、画質と時間で異なります。ユーチューブの画質には以下の設定があります。

・144p
・240p
・360p
・480p
・720p
・1080p

数字が大きいほど画質はきれいになり、通信量は大きくなります。各画質で10分間の動画を視聴した場合の通信量の目安は次の通りです。

画質 10分間の通信量
144p 20MB
240p 30MB
360p 55MB
480p 100MB
720p 180MB
1080p 340MB

通信料の目安

SoftBankの「海外パケットし放題」定額対象外の地域で通信した場合の料金は、1KBあたり2円(LTE通信は1KBあたり4円)です。1MB=1,000KBなので、1MBの通信料は2,000円となります。以上をもとに計算すると、ユーチューブで10分間の動画(144p)を視聴した場合の通信料は、40,000円程度になると考えられます。

ユーチューブの通信料を節約する方法

国内と同じ感覚でユーチューブを視聴していると、高額な通信料を請求される恐れがあります。通信料が心配な方は次の方法を試すとよいでしょう。

wi-fi接続時のみHD再生をONにする

wi-fi接続時のみHD再生をONにすることで、モバイルデータ通信時の画質を低品質に固定できます。設定方法は以下の通りです。

1.画面右上のアカウントロゴをタップ。
2.設定をタップ。
3.wi-fi接続時のみHD再生をONにする。

自動再生をOFFにする

併せて設定したいのが、自動再生のOFFです。これにより、次の動画の自動再生を停止できます。設定方法は以下の通りです。

1.画面右上のアカウントロゴをタップ。
2.設定をタップ。
3.「次の動画を自動再生」をOFFにする。

海外でユーチューブを見るにはレンタルwi-fiがおすすめ

以上の設定により、ユーチューブの視聴による通信量と通信料を抑えられます。ただし、動画を視聴する限り通信量・通信料を劇的に抑えることはできません。ユーチューブを視聴したい方は、レンタルwi-fiを利用しましょう。レンタルwi-fiには次のメリットがあります。

定額制なので安心して利用できる

海外レンタルwi-fiの料金体系は、1日あたりの通信量と通信料が決められた定額制です。レンタル料金は、1日あたりの通信料×利用日数で決まります。決まった料金しか請求されないので、安心してユーチューブを視聴できます(通信量を追加購入することもできます)。

使い放題でも割安

レンタルwi-fi会社の中には、携帯電話会社とよく似た使い放題プランを用意しているところがあります。料金はエリアにより異なりますが、1日あたり2,000~2,500円程度のことが多いようです。また、キャンペーンを利用すれば半額程度で利用できることもあります。携帯電話会社の海外パケット定額サービスより割安なので、海外でユーチューブを視聴したい方におすすめです。

海外でユーチューブを視聴したい方はレンタルwi-fiを利用しましょう

携帯電話会社の海外パケット定額サービスに加入していない方や同サービスの対象外エリアに出かけている方がデータローミングをONにした状態でユーチューブを視聴すると、帰国後に高額な通信料を請求される恐れがあります。通信量を節約する方法はありますが、根本的な解決にはなりません。高額請求を避けたい方は、定額料金制で割安なレンタルwi-fiの利用を検討しましょう。レンタルwi-fiを利用すれば、海外であっても安心してユーチューブを視聴できます(スマホの設定は必要です)。

> 続きを読む

海外でスマホのwi-fiのテザリングは可能?レンタルwi-fiとの違いや注意点

海外旅行へ出かけるにあたり、スマホのデザリング機能を利用するべきかレンタルwi-fiを利用するべきか悩んでいませんか。お困りの方のために、テザリングの特徴を紹介したうえで、どちらがお得になるか解説します。このページをみれば、海外で利用するべき通信機器がわかるはずです。スマホとレンタルwi-fiでお悩みの方は参考にしてください。

海外でスマホのwi-fiテザリングは可能?

海外でスマホのテザリング機能を利用することはできるのでしょうか。設定方法などとあわせて解説します。

テザリングとは

テザリングとは、モバイル通信できる端末を使ってその他の機器をインターネットに接続することです。例えば、スマホをwi-fiルーターのように利用して、PCやゲーム機などをインターネットに接続することなどをいいます。

テザリングの種類

テザリングには、以下の3種類があります。

・wi-fiテザリング
・Bluetoothテザリング
・USBテザリング

無線で接続できるのは、wi-fiテザリングとBluetoothテザリングです。wi-fiテザリングは速度が速い代わりバッテリーを多く消費する、Bluetoothテザリングはバッテリー消費量が少ない代わり速度が遅い特徴があります。USBデザリングは有線接続ですが、速度が速く通信と充電を同時に行えます。

スマホのテザリング機能は海外でも利用できる

海外テザリングに対応しているスマホであれば、海外でもテザリング機能を利用することができます。海外テザリング機能に対応しているスマホとして、iPhoneやGALAXYなどが挙げられます。

iPhoneのテザリング設定方法

参考に、iPhoneのテザリング設定方法を紹介します。

1.ホーム画面で「設定」をタップ。
2.「インターネット共有」をタップ。
3.「wi-fiのパスワード」をタップ。
4.「完了」をタップ。
5.「ほかの人の接続を許可」をオンに設定。
5-1.wi-fi、Bluetoothの設定を終えていない場合はポップアップ画面で選択。
6.子機にネットワーク名とパスワード名を入力。

以上の設定で、スマホ以外の機器をインターネットに接続できます。

海外で使用するwi-fiテザリングのメリット・デメリット

海外でスマホのテザリング機能を利用する場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

wi-fiテザリングのメリット

海外でスマホのテザリング機能を利用するメリットは、スマホさえあればPCやゲーム機などをインターネットに接続できることです。インターネットに接続する目的で、ルーターを用意する必要はありません。荷物を出来るだけ減らしたい方におすすめといえるかもしれません。

wi-fiテザリングのデメリット

海外でスマホのテザリング機能を利用する最も大きなデメリットは、高額な通信料がかかることです。具体的な料金はケースで異なりますが、データ通信し放題の場合、1日あたり3,000円程度かかることが多いようです。さらに、デザリング機能月額利用料として500円程度かかることもあります。バッテリーの消費が激しくなる点にも注意が必要です。テザリング機能の影響で、肝心なときに通信・通話できないことも考えられます。バッテリー消費はBluetoothテザリングを利用することで抑えられますが、先ほど説明した通り通信速度は遅くなります。バッテリー消費を気にすると、快適にインターネットを利用できないかもしれません。

海外wi-fiレンタルとテザリングはどちらがおすすめ?

海外でインターネットに接続する方法として、海外wi-fiレンタルも挙げられます。スマホのテザリング機能と比べた場合、どちらがおすすめなのでしょうか。

海外wi-fiレンタルのメリット

海外wi-fiレンタルの最も大きなメリットは、通信料がスマホのデータ通信し放題より安いことです。例えば、アジアであれば1日あたり2,000円程度、アメリカ・ヨーロッパであれば1日あたり2,300円程度(ともに通信量無制限)で利用できます。もちろん、テザリング月額料金はかかりません。頻繁に開催されているキャンペーンを利用すれば、料金が50%オフになることもあります。

海外wi-fiレンタルのデメリット

海外wi-fiレンタルのデメリットは、申し込み・受取・返却の手間がかかることです。申し込みはインターネット経由、受取・返却は空港で行えますが、時間的なゆとりがないとやや面倒に感じるかもしれません。wi-fiルーターと充電器を持ち運ばなければならない点にも注意が必要です。

通信料が気になる方は海外wi-fiレンタル

海外wi-fiレンタルにもデメリットはありますが、それほど気にしなければならないものではありません。通信料で比べると、スマホのテザリング機能より海外wi-fiレンタルの方がお得です。スマホのバッテリーを消費しない点も見逃せません。スマホのテザリング機能と海外wi-fiレンタルを比べると、海外wi-fiレンタルのほうが使いやすいといえるでしょう。

海外の通信はスマホのテザリング機能よりwi-fiレンタルがおすすめ

スマホのテザリング機能は海外でも利用できます。設定方法はそれほど難しくありません。メリットはwi-fiルーターを持ち運ばなくてよいこと、デメリットは通信料が高いことです。海外の通信はwi-fiレンタルでも行えます。メリットは通信料が安いこと、デメリットはwi-fiルーターを持ち運ばなければならいことです。以上を理解したうえで、自分に合っている方を選ぶとよいでしょう。通信料を抑えたい方には、海外wi-fiルーターをおすすめします。

> 続きを読む

海外レンタルwi-fiが使える国やエリアの気になる地域事情まとめ

海外へ出かける前に気になるのが、その国のwi-fi事情です。無料で利用できないエリアであれば、海外wi-fiルーターのレンタルなどを検討しなければなりません。このページでは、海外のwi-fi事情をまとめて紹介しています。海外wi-fiルーターのレンタルを検討している方は参考にしてください。

海外レンタルwi-fiが問題なく使える国やエリア

一般的に、次の国やエリアはレンタルwi-fiを不自由なく使えるといわれています。

アメリカ

観光エリアはもちろん、その他のエリアでもレンタルwi-fiを問題なく利用できます。ほぼ全土で快適に通信できるので、レンタルwi-fiを携帯しておく意味は大きいといえるでしょう。配車アプリ(UberやLyftなど)を利用予定の方には、強くおすすめします。ちなみに、無料wi-fiスポットも充実しています。異動中はレンタルwi-fi、ホテルやショッピングモールでは無料wi-fiといった使い方も可能です。

グアム

多くのレンタルwi-fi会社が、現地の通信会社の回線を利用しています。よって、レンタルwi-fiの利用で地元民と同じ通信環境を実現できます。ほぼ全土で利用できるので、レンタルwi-fiを用意しておくと気持ちよく旅を楽しめます。アメリカ本土と同じく、無料wi-fiスポットも充実しています。

カナダ

多くのレンタルwi-fi会社が、主要エリアをカバーする通信網を確保しています。バンクーバー、ケベック、モントリオール、オタワ、トロントなどの観光エリアであれば、不便を感じることなく通信できます。ちなみに、都心部のホテルなどは無料wi-fiを用意していることが多いようです。

シンガポール

シンガポール全土で快適にレンタルwi-fiを利用できます。レンタルwi-fiを用意しておけば、不便なく旅を楽しめるはずです。無料wi-fiスポットも充実していますが、利用にあたり身分証の提示やログインを求められることもあります。これらの手間が面倒な方は、レンタルwi-fiを携帯しておくとよいかもしれません。

韓国

韓国も全土でレンタルwi-fiを利用できる環境が整っています。無料wi-fiスポットも充実していますが、速度が遅い、接続が不安定といったことがあるようです。日本の国内旅行と同じ感覚で旅をしたい方は、レンタルwi-fiを用意しておくとよいでしょう。

レンタルwi-fiやSIMがないと不便な国

次の国で快適に旅をしたい方は、レンタルwi-fiを用意しておきましょう。

中国

急速に発展していることは事実ですが、すべてのエリアが均一に発展しているわけではありません。インターネット環境にも同様のことがいえます。目的地のwi-fi事情を事前に確認しておくことが重要です。上海、北京のような大都市は、無料wi-fiの普及が進んでいます。ただし、無料wi-fiはインターネット規制の対象です。日本と同じようにインターネットを利用したい場合は、VPN付wi-fiルーターなどを利用する必要があります。VPN付wi-fiルーターを使うことで、いつも通りGoogle検索やSNS投稿などを行えます。

オーストラリア

先進国のイメージが強いオーストラリアですが、そのインターネット環境は日本より数年遅れているといわれていました。現在は改善が進んでいるので、空港や公共施設、カフェなどで無料wi-fiを利用できるケースが多くなっています。これらに対し、ホテルは有料のところや時間制限を設けているところなどが存在します。快適に旅をしたいのであれば、レンタルwi-fiを用意しておくほうがよいでしょう。

海外のホテルにwi-fiが設置されている国

以下の国のホテルは、無料wi-fiを提供していることが多いようです。レンタルwi-fiは必要性を見極めて利用するとよいでしょう。

フランス

多くのホテルが無料wi-fiを提供しています。ただし、ID・パスワードなどを必要とすることが多いので、チェックイン時に確認しておくことをおすすめします。上手に活用すれば、レンタルwi-fiの通信量を節約できます。

ドイツ

ドイツもほとんどのホテルが無料wi-fiを用意しています。ただし、設備の古いホテルでは、有線接続のみとなっていることがあるようです。念のため、事前に確認しておくと安心です。

ベルギー

主要都市にあるホテルの多くは、無料wi-fiを用意しています。ただし、速度制限や時間制限を設けているホテルもあります。無料wi-fiがあることだけでなく、利用条件も確認しておくことが重要です。不便さを感じる場合は、レンタルwi-fiを利用するとよいでしょう。

海外wi-fi事情は国やエリアで異なる

海外のwi-fi事情は国やエリアで異なります。必要に応じて、レンタルwi-fiを利用しましょう。レンタルwi-fiがあれば、移動中でも自由にインターネットに接続できます。観光中に、SNSで情報を確認することや配車アプリでタクシーを呼ぶことなどが可能になります。ネットがあって当たり前の社会になっているので、以前に比べレンタルwi-fiの必要性は高まっています。快適に旅したい方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめサイト

口コミ投稿はこちらから!