メニュー 閉じる

おすすめ海外wifi一覧

Site List

海外wifiランキング

Ranking

海外wifiお役立ちコラム

Column

おすすめ海外wi-fi探しに役立つコラム一覧

2020年2月17日

インドでwi-fiを使うならレンタルwi-fiを便利に利用しよう

古代の都市と現代的な町並みの融合、アジア最大の文明や伝統文化を誇るインドは、今後ますます発展していくと期待されている国です。

ここでは、インド国内のフリーwi-fiの状況やレンタルwi-fiの必要性について解説していきます。これから現地に渡航を予定している方は、ぜひ参考にしてください。

インドのフリーwi-fiの状況!レンタルは必要?

インドではIT大国としての急成長を続けており、国内では都市部を中心にネット環境を整えています。

空港では無料のフリーwi-fiが、大きなホテルでも1時間あたりの有料で安定的にフリーwi-fiを利用できますが、観光地や大都市圏を離れると速度や繋がりやすさが変わってきてしまう可能性があります。

安いホテルでもフリーwi-fiが利用できるようですが、こちらも速度や繋がりやすさに難があったり、セキュリティ上の危険性が考えられたりするためレンタルwi-fiが1台あると安心です。

インドでwi-fiレンタルする場合のサービスの選び方

インドでwi-fiレンタルを利用する際にどんな点に注意して選ぶべきか解説していきます。

価格

レンタルwi-fiは滞在日数ごとに利用料金が変わるので、レンタル会社ごとのプランやキャンペーンを確認しましょう。

同じプランでもキャンペーン期間中は最大半額程度まで安くなる場合もあるため、安いうちに契約をしておいてインドに持参する方法をおすすめします。

wi-fiのレンタルにかかる料金は滞在日数×日額が基本ですが、補償サービスやオプションプランへの加入によって基本料金が変わることに注意が必要です。

通信の安定性

インドではエリアによって通信環境に大きな差が出るため、大都市圏以外の場所に足を運ぶ場合には安定的に通信が利用できるレンタルwi-fiを利用すると良いでしょう。

特に国境をまたいで複数の国を周る場合は、周遊プランや2ヶ国以上の場所指定を行ったうえで、安定的に利用できる端末を選ぶ必要があります。

端末が指定できない場合もあるため、各レンタル会社に問い合わせをしておくと安心です。

補償プラン

インドには地域ごとに異なる特徴・特色があり、渡航が危険なエリアも存在しています。

都市部から離れ、国境地域など治安情勢の不安定な場所へ行く場合には、必ずレンタル品すべてに補償をつけておきましょう。

機種本体のみ補償対象となるライトな補償プランもありますが、盗難や破損などのリスクを考えるなら、すべてのレンタル機器をカバーしてくれるプランを選んでください。

wi-fiレンタルをインドで行うなら補償はつけたほうが良い?

インドはフリーwi-fiを完備した店舗や公共施設も数多くありますが、フリーwi-fiの中にはセキュリティ上の問題もあるため、個人情報を扱う場合フリースポットの利用は避けたほうが良いでしょう。

また、人口の多い国のため人混みに紛れての盗難や紛失にも備えなければなりません。

各レンタル会社ではレンタルwi-fiに補償をつけることを推奨しているため、最低限本体だけでも補償をつけることをおすすめします。

補償パックの中には傷害死亡保険や手荷物遅延費用、本体以外のアクセサリー類を補償するものもあるため、用途に合う補償サービスを選びましょう。

インドでおすすめのwi-fiレンタルサービスを比較

インドでおすすめのwi-fiレンタルサービスをピックアップし、サービス内容を比較して紹介します。

スカイベリー イモトのwifi グローバルwifi
特徴 端末を購入すれば国に関わらずシームレスで使用でき返却も一切不要。

海外渡航が多い方に最適。キャンペーンも多く、コスパも良い。

レンタルのしやすさとキャンペーンの豊富さが魅力的。

料金は固定制で日額計算となる。

対応国数が多く、多くの受け取り・返却方法から選べる。

LINEを使ったリアルタイムサポートサービスも魅力的。

料金 133円/日~
※端末購入が必要

端末価格:21,780円(税込)

事務手数料:3,300円(税込)

送料:880円(税込)

※島しょ部は別途追加費用

4G/LTE wi-fi (高速)
1,280円/日~

3G wi-fi (中速)
680円/日~

4G 高速プラン
870円/日~
端末 Skyberry GiRa MKI wi-fi 4G LTE
ZTE MF910・その他
GlocalMe G2
※他端末になる場合もあり
オプション モバイル充電池/補償制度旅行保険/翻訳機/バッテリー、他 安心補償パック/翻訳機/ミニフォトプリンター/バッテリー、他
受取空港 6 18
割引 長期割・早割 長期割引

スカイベリーは1日あたり133円から使えるプランで、月額料金は4種類のプランから選べます。1GB単位での追加チャージも随時行えるので、最小の7GBプランを契約することもできます。

イモトのwifi・グローバルwifiはどちらも日額計算となり、短期滞在者に向いたサービスです。安定的に通信ができる4Gのプランもリーズナブルに利用できます。

レンタル会社ごとにお得なキャンペーンや割引サービスを実施している場合があるので、目的に合ったプランを選んでください。

インド滞在にはレンタルwi-fiがおすすめ

インドでは空港・高級ホテルなどを中心に無料のwi-fiが整備されていますが、どこでも快適にネットが使えるというわけではなく、空港の利用にも時間制限がかかるなど多少の不便が予想されます。

そのため安定した通信環境を整えるためには、レンタルwi-fiがおすすめ。インド国内で問題なく使用できる端末・プランを選び、補償サービスも忘れずにつけておきましょう。

もっと見る

2020年2月17日

シンガポールでネットを使うならレンタルwi-fiが便利

東南アジア最大の国際都市であるシンガポールは、日本人の往来や居住も多いエリアです。

海外旅行だけではなくビジネス目的での滞在も多く、安定的にネットが使える環境も整えられていますが、フリーwi-fiだけで心配な場合にはレンタルwi-fiを用意していきたいところです。

ここでは、シンガポールでのフリーwi-fiの状況やレンタルwi-fiの必要性について解説していきます。これから現地への渡航を予定している方は、ぜひ参考にしてください。

シンガポールのフリーwi-fiの状況!レンタルは必要?

シンガポールでは政府主導のもと、無料wi-fiの利用が可能となっています。首都のクアラルンプールでは、地下鉄駅やショッピングセンターを中心にフリーwi-fiスポットが充実。

通信品質も非常に高く、2019年の「Worldwide Broadband Speed League 2019」では台湾に次ぐ2位を獲得しました。

しかしフリーwi-fiそのものへの危険性については他国と同様であり、無料のwi-fiスポットすべてが安全というわけではないため、やはりレンタルwi-fiが1台あると安心です。

シンガポールでwi-fiレンタルする場合のサービスの選び方

シンガポールでwi-fiレンタルを利用する際にどんな点に注意して選ぶべきかを解説していきます。

価格

レンタルwi-fiはレンタル会社ごとに異なるプラン、異なる料金体系となっています。

またそれぞれの会社ごとのプランやキャンペーンの有無によって、1日あたりの利用料が変わることも注意しなければなりません。

wi-fiのレンタルにかかる料金は選ぶプランと滞在日数によって決まりますが、キャンペーンの利用を行うと最大で半額程度にまで抑えることも可能。

その他、補償サービスやオプションプランへの加入がある場合には基本料金に必要なぶんの料金が加算されていきます。

通信の安定性

シンガポール国内では首都を中心にフリーwi-fiが整備されていますが、一定レベルの品質をどこででも維持できるとは限らず、国境近くや自然の多い場所ではレンタルwi-fiがあると安心です。

特にシンガポール国外に出たときに、シンガポールと大きく通信品質が異なっている場合があるため、どこでも通信を楽しみたいという方はレンタルwi-fiを持参しておくと良いでしょう。

受取・返却方法

日本からシンガポールへ渡航する場合、成田空港・関西国際空港のほかにも名古屋や福岡、沖縄本島からも直行便が出ています。

自宅以外の場所でレンタルwi-fiを受取・返却するときには、利用する空港で受取可能かどうかをチェックしておきましょう。

wi-fiレンタルをシンガポールで行うなら補償はつけたほうが良い?

シンガポールはクリーンなIT先進国として知られていますが、歓楽街や外国人労働者が多く居住する地域などでは犯罪も報告されており、盗難などにも警戒すべきです。

観光シーズンは特に、身の回りの手荷物に注意しなければなりませんが、レンタルwi-fiのほかにアクセサリー類も持ち運ぶ場合には、それぞれに盗難や破損用の補償サービスをつけておきましょう。

補償サービスに加入していれば、Go Proなどの高価な周辺機器を破損してしまっても、一定額以上の補償が受けられます。

また補償パックの中に、利用者の傷害死亡保険や手荷物遅延の際の費用を補償するサービスが含まれている場合もありますので、目的に合ったプランを選択してください。

シンガポールでおすすめのwi-fiレンタルサービスを比較

シンガポールでおすすめのwi-fiレンタルサービスをピックアップし、サービス内容を比較して紹介します。

スカイベリー イモトのwifi グローバルWifi
特徴 端末を購入すれば国に関わらずシームレスで使用でき返却も一切不要。

海外渡航が多い方に最適。キャンペーンも多く、コスパも良い。

レンタルのしやすさとキャンペーンの豊富さが魅力的。

料金は固定制で日額計算となる。

対応国数が多く、多くの受け取り・返却方法から選べる。

LINEを使ったリアルタイムサポートサービスも魅力的。

料金 133円/日~
※端末購入が必要

端末価格:21,780円(税込)

事務手数料:3,300円(税込)

送料:880円(税込)

※島しょ部は別途追加費用

4G/LTE wi-fi (高速)
1,280円/日~

3G wi-fi (中速)
980円/日~

4G 高速プラン
1,170円/日~

3G 中速プラン
870円/日~

端末 Skyberry GiRa MKI Wi-Fi 4G LTE
ZTE MF910・その他
GlocalMe G2
※他端末になる場合もあり
オプション モバイル充電池/補償制度旅行保険/翻訳機/バッテリー、他 安心補償パック/翻訳機/ミニフォトプリンター/バッテリー、他
受取空港 6 18
割引 長期割・早割 長期割引

スカイベリーは1日あたり133円~から使え、月額単位で4つのプランから選ぶことができます。追加チャージも1GB単位で行えるので、万が一データ量が超過してしまっても安心。

イモトのwifi・グローバルwifiはどちらも日額での使用となり、短期滞在者向けのサービスです。4Gの大容量プランから3Gのプランまで幅広いプランから選べます。

それぞれの会社のお得なキャンペーンや割引サービスも比較して、目的に合うプランを選んでください。

シンガポール滞在にはレンタルwi-fiがおすすめ

シンガポールでは政府の方針により無料のwi-fiが整備されており、首都のクアラルンプールを中心にフリースポットが数多くみられます。

しかし空港やショッピングセンターなど人の多い場所を一歩抜けると、通信環境が突然心もとないものになってしまう場合も。

万が一に備えたい方は、ぜひレンタルwi-fiを検討してみてはいかがでしょうか。

もっと見る

2020年2月17日

インドネシアでwi-fiを安全に使うならレンタルwi-fiを利用しよう

世界最多の島しょ部からなるインドネシアは、地域ごとの文化や自然の原風景が楽しめる国です。

海外旅行やビジネス目的での渡航でネット環境を整えるなら、現地でのフリーwi-fiだけではなくレンタルwi-fiの利用がおすすめ。

ここでは、インドネシア国内でのフリーwi-fiの状況やレンタルwi-fiの必要性について解説していきます。インドネシアへの渡航を予定している方は、ぜひ参考にしてください。

インドネシアのフリーwi-fiの状況!レンタルは必要?

インドネシアでは首都のジャカルタをはじめ、観光地やホテルなどを中心にフリーwi-fiが整備されています。

しかしフリーwi-fiの通信速度は決して速くはなく、故障している場合もみられます。また利用者が多いと通信が極端に遅くなったり、一度に利用できる人数が限られてしまうことも。

フリーwi-fiそのものにセキュリティ上のリスクも大きいことから、フリーwi-fiに不安がある場合にはレンタルwi-fiを持参しておくと安心です。

インドネシアでwi-fiレンタルする場合のサービスの選び方

インドネシアでwi-fiレンタルを利用する際、どのような点に注意するべきか解説していきます。

価格

レンタルwi-fiはレンタル会社ごとに料金体系が異なり、さらにそれぞれの会社ごとのプランやキャンペーンの有無によっても変わります。

wi-fi1台にかかるレンタル料金はプランと滞在日数によって変わり、キャンペーン利用や補償・オプションの有無によっても変動します。

短期滞在の場合には多少の価格変動があっても問題はありませんが、まとまった期間滞在するなら月額プランに加入しておくと料金を気にせず使えるので安心です。

通信の安定性

インドネシア国内ではフリーwi-fiの速度が遅い場合があるため、さくさくと快適に通信を行う場合、レンタルwi-fiの性能は要チェックです。

インフラの整備が遅れている地域もみられます。どこにいても一定の通信品質が保てるレンタルwi-fiを選んでおけば、トラブルが起きてもスムーズに連絡ができます。

レンタルwi-fiの価格だけをみると3Gのほうが安く利用できますが、安くても通信品質が一定でなければ現地でストレスになってしまうので、4Gなどの高速通信を検討するのも一つの方法です。

補償の内容

インドネシアにレンタルwi-fiを持参する場合、補償サービスには加入しておきましょう。

各レンタル会社では利用者の補償サービスへの加入を推奨しており、機器の故障などに即応できるプランが特におすすめとなっています。

補償サービスによってはコールセンターに24時間連絡ができるものや、故障・破損を起こした機器すべてが100%補償されるものなどがあります。

いずれも万が一のトラブルに備えるものですから、バリ島での海水浴などレジャーを行う際には必ず補償を付けるようにしましょう。

wi-fiレンタルをインドネシアで行うなら補償はつけたほうが良い?

インドネシアでバリ島などの大きな観光地を訪れる場合、レンタルwi-fiの盗難や紛失に注意が必要です。

観光客が増えるシーズンには手荷物の管理が特に重要で、レンタルwi-fi本体はもちろん周辺機器についても補償サービスをつけておいたほうが良いでしょう。

補償パックの中には利用者自身の傷害死亡保険が含まれているものや、手荷物が遅延した際にかかった費用を一定額補償されるものがありますので、目的に合う補償サービスを選んでください。

インドネシアでおすすめのwi-fiレンタルサービスを比較

インドネシアでおすすめのwi-fiレンタルサービスをピックアップし、サービス内容を比較して紹介します。

スカイベリー イモトのwifi グローバルwifi
特徴 端末を購入すれば国に関わらずシームレスで使用でき返却も一切不要。

海外渡航が多い方に最適。キャンペーンも多く、コスパも良い。

レンタルのしやすさとキャンペーンの豊富さが魅力的。

料金は固定制で日額計算となる。

対応国数が多く、多くの受け取り・返却方法から選べる。

LINEを使ったリアルタイムサポートサービスも魅力的。

料金 133円/日~
※端末購入が必要端末価格:21,780円(税込)

事務手数料:3,300円(税込)

送料:880円(税込)

※島しょ部は別途追加費用

4G/LTE wi-fi (高速)
1,580円/日~3G wi-fi (中速)
980円/日~
4G 高速プラン
1,170円/日~3G 中速プラン
870円/日~
端末 Skyberry GiRa MKI wi-fi 4G LTE
ZTE MF910・その他
GlocalMe G2
※他端末になる場合もあり
オプション モバイル充電池/補償制度旅行保険/翻訳機/バッテリー、他 安心補償パック/翻訳機/ミニフォトプリンター/バッテリー、他
受取空港 6 18
割引 長期割・早割 長期割引

スカイベリーは1日あたり133円~から使え、月額単位のプランになるため、長期使用に向いています。

イモトのwifiやグローバルwifiは日額計算となり、短期滞在におすすめ。4Gの大容量プランから3Gのプランまで幅広い選択肢が用意されています。

お得なキャンペーンや割引サービスを比較し、目的に合うサービスを選びましょう。

インドネシア滞在にはレンタルwi-fiがおすすめ

インドネシア国内では、首都のジャカルタを中心に観光客やオフィスワーカーの多いエリアを中心にフリーwi-fiが整備されています。

観光客の少ない地域や地方など、フリーwi-fiの整備が行き届いていない地域もみられるため、安定的な通信環境を確保するためにはレンタルwi-fiの利用をおすすめします。

もっと見る

2020年2月17日

ラオスでwi-fiを安全に使うならレンタルwi-fiを利用しよう

東南アジアの原風景が広がるラオスでは、海外旅行やビジネス目的での渡航にwi-fiが便利です。

現地で通話や通信を楽しむためには、ネット環境の整備は必要不可欠。ここでは、ラオス国内でのフリーwi-fiの状況やレンタルwi-fiの必要性について詳しく解説していきます。

ラオスのフリーwi-fiの状況!レンタルは必要?

ラオスでは首都のビエンチャンをはじめ、世界遺産に指定があり外国人が多く行き交う場所ではフリーwi-fiが整備されています。

市街地でも観光客が訪れる広場などの周辺にはwi-fiが使えるお店が多く、レンタルwi-fiがなくても首都圏内であれば問題なく通信を行うことができます。

しかしホテルや飲食店に入れない状況ではフリーwi-fiが使えないので、あちこちを回ったり移動が多い方にはレンタルwi-fiは必須といえるでしょう。

フリーwi-fiにはセキュリティ上のリスクも大きく、個人情報を抜き取られる問題も起こりうるため、セキュリティ対策を行っているレンタルwi-fiを借りておけば安心です。

ラオスでwi-fiレンタルする場合のサービスの選び方

ラオスでwi-fiレンタルを利用する際にどんな点に注意して選べばよいか解説していきます。

価格

ラオスでwi-fiをレンタルする際、もっとも気になるものが価格です。

ラオスは東南アジアのなかでもレンタルwi-fiの料金が高めのエリアであり、日額計算の場合100円でも安いプランがお得になります。

短期滞在なら多少料金がかかっても問題はありませんが、まとまった期間滞在する場合には月額プランや長期滞在プランを選ぶと良いでしょう。

通信の安定性

ラオス国内ではインフラの整備が遅れている地域もみられます。どこにいても一定の通信品質が保てるレンタルwi-fiを選んでおけば、トラブルが起きてもスムーズに連絡ができます。

フリーwi-fiを使う場合、同じ東南アジアの国と比較しても通信が遅いことが多いので、快適に動画や通信を楽しむ場合には高速通信かつ大容量のレンタルwi-fiを選びましょう。

補償の内容

ラオスにレンタルwi-fiを持参する場合、忘れずに加入しておきたいものが補償サービスです。レンタルwi-fiを提供している会社では、補償パックや補償サービスへの加入が推奨されています。

通信機器に故障や破損があると、修理代金や再調達代金を支払わなければなりません。補償パックは、トラブルが発生した際に機器本体や携行品などを補償するものなので、加入をしておけば万が一の時にも安心です。

補償パックの中には傷害死亡保険が含まれているものや、航空機寄託手荷物遅延などにかかる費用が一定額補償されるものもありますので、ビジネス利用をする場合にはこれらの補償が含まれているものを選ぶと理想的です。

wi-fiレンタルをラオスで行うなら補償はつけたほうが良い?

日本とまったく文化の異なるラオスでは、故障だけではなく紛失、盗難などの被害も想定し、幅広く補償を行うサービスに加入しておきましょう。

荷物の中で故障や破損を起こす可能性や、移動中に何らかのトラブルで機器が壊れてしまう可能性もゼロではありませんから、最低限の補償サービスには加入しておいたほうが良いでしょう。

補償サービスはレンタル会社ごとに異なり、日数に合わせて料金が加算されていきます。機器本体だけを補償するプランもありますが、死亡保険など利用者自身もカバーしてくれるプランもあります。

ラオスでおすすめのwi-fiレンタルサービスを比較

ラオスでおすすめのwi-fiレンタルサービスをピックアップし、サービス内容を比較して紹介します。

スカイベリー イモトのwifi グローバルwifi
特徴 端末を購入すれば国に関わらずシームレスで使用でき返却も一切不要。

海外渡航が多い方に最適。キャンペーンも多く、コスパも良い。

レンタルのしやすさとキャンペーンの豊富さが魅力的。

料金は固定制で日額計算となる。

対応国数が多く、多くの受け取り・返却方法から選べる。

LINEを使ったリアルタイムサポートサービスも魅力的。

料金 133円/日~
※端末購入が必要

端末価格:21,780円(税込)

事務手数料:3,300円(税込)

送料:880円(税込)

※島しょ部は別途追加費用

4G/LTE wi-fi (高速)
1,580円/日~

3G wi-fi (中速)
1,580円/日~

4G 高速プラン
1,470円/日~

3G 中速プラン
1,170円/日~

端末 Skyberry GiRa MKI wi-fi 4G LTE
ZTE MF910・その他
GlocalMe G2
※他端末になる場合もあり
オプション モバイル充電池/補償制度旅行保険/翻訳機/バッテリー、他 安心補償パック/翻訳機/ミニフォトプリンター/バッテリー、他
受取空港 6 18
割引 長期割・早割 長期割引

スカイベリーは月額利用に特化したレンタルwi-fiで、日割り計算にすると最安で133円/日となります。月額単位で契約するスタイルなので、まとまった期間の利用におすすめです。

イモトのwifiやグローバルwifiは日割単位での計算となり、短期滞在に特化していることが大きな特徴。キャンペーンを利用すればさらにお得になります。

オプション機能や割引サービスをしっかりと比較して、目的に合うサービスを選びましょう。

ラオス滞在にはレンタルwi-fiがおすすめ

ラオス国内では観光客の多いエリアを中心にフリーwi-fiが整備されており、フリーwi-fiだけでも快適に利用することができます。

しかし観光客の少ない地域や郊外など、フリーwi-fiが行き届いていない地域も少なくないため、それらのエリアに足を運ぶ場合にはレンタルwi-fiを持参しておいたほうが良いでしょう。

もっと見る

2020年2月17日

ベトナムでwi-fiを使うならレンタルwi-fiがおすすめ

海外旅行をする際に気になるのが、現地での通話やネット環境です。インフラに不安がある地域では、安定的に通信ができるか不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ベトナムでおすすめのwi-fiレンタルについて詳しく解説していきます。これからベトナムに旅行や仕事に行く方はぜひ参考にしてください。

ベトナムのフリーwi-fiの状況!レンタルは必要?

ベトナムでは首都のハノイやホーチミン市を中心にフリーwi-fiが充実しているため、一見wi-fiのレンタルは必要がないと思うかもしれません。

特に外資系の飲食店にはフリーwi-fiが整備されているケースが多いので、端末を普段ほとんど使わない場合にはカフェに入って通信をすることも可能です。

しかしカフェが開いていない時間帯や都市部から離れる場合を考えてみると、いつでも自由にフリーwi-fiが整備されているわけではないため、1台レンタルwi-fiを契約しておいたほうが安心です。

外国人が宿泊する大手のホテルにもwi-fiが整備されていますが、通信の不安定さやセキュリティ上のリスクが考えられるため、通信端末で個人情報などを扱う場合には使用しないほうが良いでしょう。

レンタルwi-fiならフリーwi-fiのセキュリティを心配する必要がなく、必要な設定がすべて済んだ端末を借りるだけですぐ通信が始められるので、ほとんど不安がありません。

ベトナムでwi-fiレンタルする場合のサービスの選び方

ベトナムでwi-fiレンタルを利用する際、どんな点に注意して選べば良いのか解説していきます。

価格

ベトナムでwi-fiをレンタルする際の注意点として、トータルの利用料金に注目しましょう。

1日あたりのレンタル料金は、プランと滞在日数によって変動します。短期の滞在なら料金の差はあまり気になりませんが、まとまった期間渡航する場合は月額プランを選ぶと安心です。

通信の安定性

世界各国に持ち運べるレンタルwi-fiを提供している企業は通信の品質にもこだわりをもっているので、比較的安定した通信が確保できます。

しかし現地で通信が途切れてしまったり、その他のトラブルが出たりといったケースも考えられるため、信頼のできるレンタルwi-fi会社かどうか事前に比較を行っておくと安心です。

借りやすさ

日本国内でwi-fiをレンタルしてベトナムに持参する場合、自宅に何日程度で届くのか?空港や企業の本社などで受け取りができるのか?をチェックしてください。

端末を現地で受け取る方法もありますが、現地の情勢や状況によっては受け取りが難しくなる可能性もあるため、日本国内でレンタルwi-fiを準備しておくと良いでしょう。

端末のスペック

ベトナム国内では、地域によってフリーwi-fiが整備されているところと、まったく整備されていないところがあります。

そのため、いつでも一定の通信品質が保てること、一定の速度や十分な容量も確保しておきましょう。

wi-fiレンタルをベトナムで行うなら補償はつけたほうが良い?

wi-fiをレンタルする場合、現地ではもちろん日本との往復の途中に破損や紛失、盗難に遭う可能性も考えなければなりません。

そのため、wi-fiレンタル会社ごとに提供している補償サービスは忘れずに加入しておきましょう。

補償サービスはいくつかのプランから1つを選んで加入する形式が多く、レンタル日数に合わせて選んだプランぶんの料金が加算されます。

ベトナムでおすすめのwi-fiレンタルサービスを比較

ベトナムでおすすめのwi-fiレンタルサービスをピックアップし、サービス内容を比較して紹介します。

スカイベリー イモトのwifi グローバルwifi
特徴 端末を購入すれば国に関わらずシームレスで使用でき返却も一切不要。

海外渡航が多い方に最適。キャンペーンも多く、コスパも良い。

レンタルのしやすさとキャンペーンの豊富さが魅力的。

料金は固定制で日額計算となる。

対応国数が多く、多くの受け取り・返却方法から選べる。

LINEを使ったリアルタイムサポートサービスも魅力的。

料金 133円/日~
※端末購入が必要端末価格:21,780円(税込)

事務手数料:3,300円(税込)

送料:880円(税込)

※島しょ部は別途追加費用

4G/LTE wi-fi (高速)
1,280円/日~3G wi-fi (中速)
980円/日~
4G 高速プラン
970円/日~3G 中速プラン
570円/日~
端末 Skyberry GiRa MKI wi-fi 4G LTE
ZTE MF910・その他
GlocalMe G2
※他端末になる場合もあり
オプション モバイル充電池/補償制度旅行保険/翻訳機/バッテリー、他 安心補償パック/翻訳機/ミニフォトプリンター/バッテリー、他
受取空港 6 18
割引 長期割・早割 長期割引

スカイベリーでは133円/日~から利用できるレンタルwi-fiで、長期的に使用する場合にお得感があります。

イモトのwifiやグローバルwifiは日割単位での計算となり、1,000円以下の金額で利用できるのが特徴。

オプション機能や割引サービスなども比較し、受取空港の数なども確認して自分に合ったサービスを選びましょう。

ベトナムでも安全にwi-fiを楽しもう

初めてのベトナム旅行はもちろん、ビジネス利用でもベトナム国内では安定して通信ができるレンタルwi-fiを利用するのが確実。

ベトナム国内では無料で使用できるwi-fiスポットが充実してはいますが、都市部に集中していることからもやはり自分専用のレンタルwi-fiを持っておくと安心です。

レンタルwi-fiは容量の大きなプランや、長期割引が可能なプランを選ぶこともできます。

現地でグーグルマップや大きな容量のデータをやり取りする際にも安心なので、便利なレンタルwi-fiの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

もっと見る

2020年1月29日

オーストラリアで使えるwi-fiレンタルを確認!おすすめは?

オーストラリアに旅行に出かけることが決まったのなら、wi-fiレンタルを検討するのがおすすめです。
「ガイドブックも準備したし、あまりインターネットを使う予定はない」という方でも、レンタルせずに行くと結果的に何かと不便に感じることがあります。どのような場面で役立つのか、おすすめのサービスは何かなどについてご紹介しましょう。

オーストラリアのフリーwi-fiの状況!レンタルは必要?

オーストラリアに行く際は、できる限りレンタルwi-fiについて検討したほうが良いでしょう。オーストラリアは公共wi-fiが整備されているのですが、フリーwi-fiが使えない場所になると困ります。
何か調べ物をするたびにフリーのスポットを探して足を運ぶとなると、どうしても面倒ですよね。レンタルwi-fiを用意しておけば滞在中にいつでも好きな時に通信が行えるので、撮影した写真をすぐにSNSで共有したり、気になることや困ったことがあったりした時に調べ物もできます。

空港やホテルのみ渡り歩くのならフリーのものだけでなんとかなりますが、特にGoogleマップを活用しようと考えている方は注意しておきましょう。

インターネットを使うために海外でSIMカードを購入する方法もありますが、慣れている人でなければ設定を難しく感じてしまいます。あらかじめSIMフリーの端末を用意しておくか現地で手配する必要もあり、費用も数万円程度の費用がかかるので、頻繁に海外旅行に行く方でなければかえって損をしてしまうのです。

公共のフリーwi-fiはセキュリティの面でも心配がありますし、できればwi-fiレンタルしてから足を運んでみましょう。

オーストラリアでwi-fiレンタルする場合のサービスの選び方

どのようなサービスを選択すれば良いのかというと、ポイントになってくるのは金額と容量、速度に関することです。

金額

wi-fiレンタルは一日当たりいくらという形で設定されているものが多いのですが、滞在日数が長いからといって「できるだけ安いものを選択しよう」と考えると失敗してしまうことがあります。
できるだけ費用を抑えながら、快適に使えるものを選択しましょう。

容量

ちょっとした調べ物程度なら300MB/日程度のプランでも問題ありませんが、マップ検索やSNSの利用を検討している方は600MB/日以上のプランをおすすめします。一日当たりの制限についてはよく確認が必要です。
無制限のものを選択しておけば安心ではありますが、容量が多くなればなるほど費用が高くなります。

ただしあまりにも容量が少ないものを選択するとすぐにオーバーしてしまって不便に感じた方もいるので、余裕を持ったプランを選択したいですね。

速度

wi-fiレンタルには3Gと4Gがありますが、速度が速いのは4Gです。その分3Gに比べて多少費用がかかるのですが、快適に使いたい方は4Gを選びましょう。

wi-fiレンタルをオーストラリアで行うなら補償はつけたほうが良い?

補償はつけるに越したことはありません。万が一のことを考えて紛失や盗難に関する補償を付けておくと安心です。

オーストラリアは日本からの観光客も多く治安が良いイメージがありますよね。留学先としても人気がある地域ということからもわかる通り、治安は良いとされています。世界的に見ても治安は良いほうなのですが、人通りの少ない場所でスリの被害に遭ってしまうケースもあるので、十分に注意しておかなければなりません。

特に観光客はたくさんお金を持ち歩いていることが多く、標的になりやすいのです。都市部でも少し道を外れると夜間は真っ暗になるところもあるので、こういったところは避けておきましょう。口を閉めていたリュックサックの中から物を盗まれた事例もあるので、レンタルした端末をリュックやバッグにきちんと保管しているからといって安心はできません。

万が一紛失・盗難などにより全額弁償しなければならないとなると、かなりの金額が請求されてしまう可能性もあります。これを避けるためにも、できることなら紛失・盗難に関する補償を付けておきましょう。

オーストラリアでおすすめのwi-fiレンタルサービスを比較

さまざまなwi-fiレンタルサービスがありますが、中でもおすすめのサービスを3つ解説します。

  スカイベリー グローバルWifi イモトのwifi
特徴 端末の購入が必要であるものの、旅行のたびにレンタルや返却をしなくて済む。キャンペーンで割引されることも多い。 24時間365日サポートに対応。受け取り・返却方法も豊富で安心の定額制。 知名度の高いサービス。速度も十分出るため、不満を感じることもない。面倒な設定もないので初めて使う方でも安心。
料金 133円/日~
※端末購入が必要
4G 高速プラン
・1,170円/日~

3G 中速プラン
・870円/日~

4G/LTE wi-fi (高速)
・1,280円/日~

3G wi-fi (中速)
・680円/日~

端末 Skyberry GiRa GlocalMe G3
※他端末になる場合もあり
MKI Wi-Fi 4G LTE
ZTE MF910、その他
オプション 安心補償パック/翻訳機/ミニフォトプリンター/バッテリー、他 モバイル充電池/補償制度旅行保険/翻訳機/バッテリー、他
受取空港 18 6
キャンペーン以外の割引 長期割引 長期割・早割

スカイベリーは、海外だけでなく国内でも利用できるサービスで、端末を買い取るタイプとなっています。そのため海外に旅行に行くたびに借りたり、返却したりする必要がありません。
海外で利用する際にはSIMの差し換えや設定変更なども必要ありません。4G LTE回線に対応しているため、安定した通信を望んでいる方でも納得できるでしょう。何度も海外に行く予定のある方は購入する方が断然お得なので、ぜひチェックしてみてください。

グローバルWi-Fiは200を超える国に対応しているだけでなく実績も豊富です。初めて契約するから信頼度の高いところを選びたいといった方でも納得できるでしょう。またグローバルWifi最大の魅力ともいえるのが、多くの空港で受け取りができる点です。空港での受け取りが難しい場合は、郵送などで送ってもらわなければならず追加費用がかかってしまいますが、グローバルWifiならそういった心配もありません。

最後にイモトのwifiについてですが、こちらは知名度がとても高く、評判も良いサービスです。早割も用意されているので、旅行に行く予定が決まったらすぐに手配しておくのがおすすめ。
自分で何か面倒な設定をするような必要もなく、使いやすいのも魅力だといえるでしょう。

事前に準備するのがおすすめ

現地に行ってからwi-fiレンタルを手配しようと考えると、いざ現地に行ってみたら言葉がよくわからなかったり、時間がかかったりすることもあります。そのためできれば出国前に準備を済ませておくとよいでしょう。
前もって受け取れるタイプのサービスを選択しておけば安心して出発できますよね。いざオーストラリアに入ってから慌ててサービスを比較しようと考えてもなかなか最適なものは選べないので、今回ご紹介したサイトなど参考にしながら自分に合っていそうなものを探してみてください。

もっと見る

2020年1月29日

カナダで便利なwi-fiレンタルは?必要性・サービス選びのコツ

カナダに行く際に気になるのがwi-fiレンタルは必要か?ということ。結論からいうと契約していくことをおすすめします。どのような場面で役立つのか、ないとなぜ不便なのかなどについてご紹介するので、参考にしてみてください。
またどのサービスが良いのかわからない方のために、おすすめのwi-fiレンタルサービスについても解説します。

カナダのフリーwi-fiの状況!レンタルは必要?

カナダは多くの場所でフリーwi-fiが整備されていますが、ホテルやフリースポットの提供場所以外でインターネットを使う場合には、やはりwi-fiレンタルをしておいたほうが便利です。

特に海外旅行で役立つシーンといえば、地図アプリを利用しながら目的地に向かう時だといえるでしょう。移動しながらインターネットを使おうと考えたらフリースポットだけでは対応できません。
また都心部の場合はフリーwi-fiも整備されているものの、誰でも使えるということはそれだけセキュリティが弱いということ。

安全性の問題を気にしている方も、できればレンタルしていくことを検討したいですね。実際にIDやパスワードのハッキング被害も報告されているので、万が一のことを考えるとセキュリティにもこだわりたいものです。

都心部から離れた場所にも観光地が点在しているので、観光地で写真を撮影してすぐにSNSで共有したいと考えている方などもインターネットがないと不便に感じることがあります。あとから「やっぱり契約しておけば良かった」と後悔するよりも、wi-fiレンタルを検討して万全の態勢で準備を整えておきたいですね。

カナダでwi-fiレンタルする場合のサービスの選び方

wi-fiレンタルサービスを選ぶ際に注目しておきたいことについて解説します。

足を運ぶ目的と容量を考える

まずはどのような目的でカナダに行くのかから考えておく必要があります。旅行目的で足を運び、少ない日数でいろいろ見て回りたいと考えているのなら、できるだけ容量が多いプランを提供しているサービスを検討してみましょう。

通信速度

利用料金だけで選んでしまう方もいますが、安過ぎるプランは回線速度が遅い可能性もあるので気をつけておかなければなりません。レンタルできる端末には中速の3Gと、高速の4Gの2種類があるのですが、3Gの方が料金は安いです。ただ地図アプリを使う場合は3Gだと遅くて対応しきれない可能性があるので、4Gを選択しておいたほうが良いでしょう。

地図アプリを使わない方や、滞在中にSNSを利用する予定のない方は3Gでも問題ない可能性が高いです。

容量

WEBサイトの閲覧程度しかしない方はそれほど容量を必要としないため、300MB/日程度のプランで足りる可能性があります。反対にSNSで情報を共有したい方や、動画閲覧の予定がある方などは1.1GB/日~や、無制限を選択したほうが良いですね。
300MB/日の場合はほんの30分程度インスタグラムを閲覧するだけで容量オーバーになる可能性があるので、注意しておかなければなりません。

wi-fiレンタルをカナダで行うなら補償はつけたほうが良い?

選択できる補償の中でも代表的なものといえば紛失や盗難に関するものです。これはできれば付けておいたほうが良いでしょう。日本国内にいる限り、日常的にスリや窃盗のリスクに直面することはありませんが、海外の場合は事情が異なります。

カナダは治安が良く、世界的に見ても安全な国とされているのですが、日本ほどではありません。中でも置き引きやスリ、ひったくりといった軽犯罪が多く、現金を多く持ち歩いている観光客はねらわれやすい傾向にあるのです。

バッグの中にレンタルしたwi-fiシステムをすべてひとまとめにしていたりすると、それらを盗まれた時に全額弁償しなければなりません。金額にすると40,000円以上になることも。ですが紛失や盗難の補償をつけておけば弁償額の一部、または全額が免除されるので、万が一のことを考えておくと補償をつけておくべきでしょう。

カナダでおすすめのwi-fiレンタルサービスを比較

他のようなサービスが良いのか悩んでいる方のために、特におすすめしたいサービスを3つご紹介します。
気になるものがないかチェックしてみてください。

  イモトのwifi jetfi どんなときもWi-Fi
特徴 タレントのイモトアヤコさんをイメージキャラクターにしていて知名度も高い。利用者も多いため口コミ量も多く、評価も良い。 SIM内蔵であるため、複数国で利用できる。国から移動する際に特に設定は必要なし。使い方もわかりやすく、初心者にも向いている。 2年間の長期契約が必要となる業者で、定額制が特徴。シンプルでわかりやすいプランもポイント。
料金 4G/LTE wi-fi (高速)
・1,280円/日~

3G wi-fi (中速)
・680円/日~

グローバルプラン
・980円/日~
74ヵ国対応プラン
・1,280円/日~
※別途月額料金が発生
端末 MKI Wi-Fi 4G LTE
ZTE MF910、その他
jetfi G3
スマファイ MS01
D1
オプション モバイル充電池/補償制度旅行保険/翻訳機/バッテリー、他 安心パック/安心パックプレミアム/IP電話/マルチ変換プラグ あんしん補償/MicroUSBケーブル充電器
受取空港 6 10
キャンペーン以外の割引 長期割・早割 長期割引

イモトのwifiは知名度が高く、安心感があります。日本人スタッフによる24時間365日のサポート体制が用意されているのも大きな魅力だといえるでしょう。端末を空港で受け取ることもできますが、事前に自宅に届けてもらうことも可能なので、安心して旅行に出かけられるでしょう。繋がりやすさでも悪い評判は見かけません。

jetfiはできるだけ安くレンタルしたいと考えている方からも選ばれていて、短期でも長期でもお得に使えるプランが用意されているのが特徴です。特に長期割プランは30日、60日、90日と3つのコースが設定されていて、長期で使うほど一日当たりの利用料金が安くなります。

それからどんなときもWi-Fiは長期の契約が大前提となっているサービスです。まだサービスが提供されて間もないのですがネット使い放題でデータ容量無制限などの特徴があり、すでに多くの方から利用されているサービスになっています。
海外だけでなく国内でも使えるサービスで、海外に持って行く際の面倒な手続きも必要ありません。

自分にぴったりのサービスを探そう

日本国内を旅行するのとは異なり、海外に行くとなれば何かと不安なことやわからないこともあります。そのときにwi-fiレンタルをしていくと困ったことがあった時すぐにインターネットで情報を収集できるので心強いですよね。
ガイドブックなどを参考に歩くのも良いのですが、自分が欲しい情報をピンポイントで探すのにはやはりインターネットがあったほうが便利です。いつでもどこでも使えるインターネット環境を整え、快適にカナダ滞在を楽しみましょう。

もっと見る

2020年1月29日

アメリカ旅行でwi-fiレンタルは必要?おすすめ業者もチェック

アメリカに行く際にwi-fiレンタルは必要になるのか、どのようなことに注意して業者選びをすれば良いのかなどについてご紹介します。快適に現地での生活を楽しむためにもインターネットが使えると何かと便利ですよね。
おすすめの業者についても解説するので参考にしてみてください。

アメリカのフリーwi-fiの状況!レンタルは必要?

アメリカはかなり栄えているため、そもそもwi-fiレンタルではなくフリーのwi-fiだけでも何とかなるのではないかといったイメージもありますが、実際にはそうではありません。確かに都市部には無料のwi-fiスポットも設置されているのですが、チェーン店などが立ち並ぶエリア以外に観光に行く方などは、なかなか無料で使えるスポットを見つけることができず困ってしまうことがあります。

滞在期間中はほぼホテルと都市部の有名なスポットに足を運ぶのみの方は必ずしも必要ではありませんが、ちょっとしたことを調べるのにもインターネットがあると便利なので、使えないとなれば何かと不便さを感じてしまうはずです。

日本からの観光客も多い台湾や韓国では公共の無料wi-fiスポットがありますが、アメリカにはそういったものがありません。そのため各場所・地域ごとに提供されているフリーwi-fiサービスが異なり、移動するたびにアカウント登録やパスワードの設定が必要になるのです。こういった煩わしさを避けるためにもやはりwi-fiレンタルを検討したほうが良いでしょう。

アメリカでwi-fiレンタルする場合のサービスの選び方

wi-fiレンタルサービスを選ぶ際のポイントは次の通りです。

プラン選びの基本について

アメリカに足を運ぶ理由は人それぞれですが、滞在期間に応じて選択できる最適なプランが用意されている業者を選ぶのがおすすめです。例えば2~3日程度の短期の旅行であれば多少料金が高くなっても通信速度や使いやすさを重視してみてはどうでしょうか。
しかし1週間以上の長期滞在となると、料金面もよく考えながら検討する必要が出てきます。

容量の考え方

またインターネットの使い方によっても必要な用量が変わるので注意しておきましょう。例えば英語がペラペラで地理や交通アクセスについてもだいたい把握している、インターネットを使うシーンといえばちょっとした調べ物のみといった場合は300MB/日程度の通常プランでも足りる可能性が高いです。

一方で英語を話すことができず、滞在中はマップ検索も頻繁に行う必要があるような場合は、大容量プランを検討したほうが良いでしょう。

なお速度についてですが、地図アプリを使う予定がある方は3Gよりも速度が出る4G LTEプランのwi-fiレンタルを選んでおいたほうが良いです。

wi-fiレンタルをアメリカで行うなら補償はつけたほうが良い?

補償をつけると「その分料金が高くなってしまうから」と付けない方もいますが、できることならやはり付けておいたほうが良いです。

どのような補償が用意されているかはサービスによって異なるものの、主流なのは端末を紛失したり、壊したりしてしまった場合に弁償額の何割かが免除されるもの。中には全額免除になる補償を用意しているものもあります。
さらには旅行中の怪我などに対する保険との組み合わせ商品が用意されているものもあるので、万が一のことを考えればぜひ検討しておきたいものです。

海外旅行でトラブルに遭遇する確率は決して低くないことをおさえておきましょう。中でも盗難や紛失に関するトラブル被害に遭ってしまう方が多いので、一日当たりの利用料金が多少高くなっても紛失補償をつけておいたほうが安心して海外旅行を楽しめます。

アメリカは地域によって治安がかなり異なり、場所によっては驚愕犯罪が多発しているところもあるのです。マンハッタンの中心部でも窃盗犯罪が多いですし、補償をつけただけで安心するのではなく、自分自身でも窃盗・スリの対策を取っておくことが重要になります。

アメリカでおすすめのwi-fiレンタルサービスを比較

特におすすめのサービスについて3つご紹介します。それぞれ特徴が異なるので、気になるサービスをチェックしてみてください。

  スカイベリー Wi-Ho! JALABC
特徴 端末を購入するタイプ。何度も旅行する方にぴったりで、海外だけでなく国内でも利用できる。繋がりやすく、使い勝手も良い。 知名度はそれほど高くないものの、料金が安いこともあり人気。直前予約にも対応しているため、予約を忘れていた人にも最適。 航空会社であるJALが提供しているサービス。日額の定額制となっており、使い放題なのが魅力。
料金 133円/日~
※端末購入が必要
アメリカ・ハワイワイホー 4G
・750円/日~
3Gプラン
・1,000円/日~

4G・LTE プラン
1,000円/日~

端末 Skyberry GiRa Roamwi-fi R9
Alcatel MW41TM、他
詳細不明
オプション あんしん保証/AI自動翻訳機/バッテリー/bikiカード、その他 翻訳機/バッテリー/安心補償
受取空港 7 4
キャンペーン以外の割引

ビジネス目的で足を運んでいる方も多いですが、そういった方に特におすすめなのがスカイベリーです。こちらはレンタルではなく端末を購入するタイプとなります。
端末を毎回借りたり返したりする必要がないので、手配の手間がかからない点は大きな魅力だといえるでしょう。

Wi-Ho!については、24時間サポートが用意されているのが特徴。例えば初めての海外旅行でアメリカを選択する方も多いですが、初めてだからこそ何かと不安を抱えている方もいるはず。
端末のトラブルが起きたりすると慌ててしまいがちですが、しっかりサポートしてもらえるのは嬉しいですね。利用料金も安く済みます。

それからJALABCについてですが、こちらはJALが提供しているサービスということもあり、安心感が高いのが魅力です。利用することによってJALマイレージも貯まるため、マイレージを貯めている方から特に選ばれています。空港で手軽に受け取りと返却が可能なので、利用しやすいでしょう。

さまざまな場面で活躍するwi-fi

wi-fiは現地で困ったことがあったときにも非常に役立ちます。何度もアメリカに足を運んでいて一人旅もできるくらいの方なら特に問題のですが、まだ海外旅行に慣れていない方の場合、インターネットを用いた調べ物をすることも多いです。
特に初めての旅行を計画している方は万全の準備を整えておきたいものですよね。その際にwi-fiレンタルは必須とも言えるサービスなので、早い段階からどのサービスを利用するのか検討してみることをおすすめします。

もっと見る

2020年1月29日

グアム旅行はwi-fiレンタルがおすすめ!選び方のポイントは?

グアム旅行に行く際に便利なのがwi-fiレンタルです。海外リゾートとして人気が高い地域で観光スポットも非常に多く、インスタ映えする写真を撮影するために足を運ぶ方も増えています。いろいろ見て回りたいと考えている方は、グアムでのwi-fiレンタルの必要性や、選び方のポイントについてチェックしてみてくださいね。

グアムのフリーwi-fiの状況!レンタルは必要?

自分でwi-fiレンタルしていかなくても、無料で使えるフリーのwi-fiスポットを活用する方法があるのですが、結論から言うとこれはおすすめできません。

グアムではフリーのwi-fiスポットが整備されていて、日本でもおなじみのマクドナルドやスターバックスといった飲食店などでも使うことができます。小さな飲食店の中にもサービスを提供しているところがあるのですが、基本的に各スポットで利用するためにはIDとパスワードを毎回設定しなければなりません。

また注意しなければならないのが、複数のホテルのウォーターパークに足を運びたいと考えている方です。有名なホテルはウォーターパークも人気ですが、各ホテルのwi-fiは宿泊者のみが利用できるサービスとなっているケースがあります。

「基本的にホテルをめぐって遊ぶ予定だからホテルのwi-fiを使えば良い」と考えていた方は要注意。事前にレンタルを検討しておいたほうが良いでしょう。

全体で見るとフリーwi-fiの数が多いとは言えないので、どこでもインターネットを活用してSNSを楽しんだり、Googleマップなどを活用したりしながら観光予定の方はwi-fiレンタルしておいたほうが安心です。

グアムでwi-fiレンタルする場合のサービスの選び方

容量と速度の問題についてはよく考えて決める必要があります。

容量

wi-fiレンタルで具体的にどれくらいの容量が必要になるかは、どのように利用するのかによっても変わってきます。例えば情報サイトの閲覧程度であれば300MB/日のプランでも容量をオーバーしてしまうような心配はほぼありません。
しかしSNSを頻繁に利用する方やマップ検索をする予定の場合は、600MB/日~の大容量プランを選択しておいたほうが良いでしょう。1.1GB/日~の超大容量プランだったとしても、2時間ほどインスタグラムを閲覧すれば上限に達してしまう可能性があるので、「安いから一番容量の少ないプランを選択しよう」と考えると失敗してしまいがちです。

状況によっては無制限プランの契約も検討してみると良いですね。

速度

wi-fiレンタルでは中速の3Gと高速の4Gから選択できるところもありますが、3Gのほうが遅いことから料金が安めに設定されています。

「ほぼ使う予定はないから最低限の環境があればいい」という方は3G、「多少高くついてもいいからサクサクインターネットを利用したい」という方は4Gを選択するなど、状況に応じて変えてみるのがおすすめです。

ただし地図アプリなどを使用することを考えると、3Gでは速度が足りない可能性もあります。現地の地理などを十分に理解しているのなら良いかもしれませんが、そうでない場合は地図アプリを使用する前提で4Gの利用も検討してみましょう。

wi-fiレンタルをグアムで行うなら補償はつけたほうが良い?

特に治安が悪い国に足を運ぶ場合は補償を充実させておいたほうが安心なのですが、グアムの場合は日本よりも治安は悪いものの比較的安全な地域です。ただビーチやプールは盗難の報告がとても多いので、グアムの美しいビーチに足を運ぶ予定の方は、万が一のことを考えて盗難に関する補償を選択しておきましょう。どのサービスを選ぶかによって用意されている補償は異なりますが、不要なものまでつける必要はありません。

海外で特に多いトラブルとして報告されているのが、盗難・紛失です。海外旅行にテンションが上がってしまうと、うっかり荷物を置き忘れてしまったり、貴重品から目が離れたりすることもあります。十分に注意していたはずなのにレンタルしていたwi-fiを紛失してしまったといったケースは珍しくありません。

万が一レンタルしていたwi-fiを紛失した、盗難にあってしまったといった場合に全額弁償が必要になると、請求額は40,000円前後となります。しかし盗難に関する補償を付けていた場合は10,000円以下の弁償額で済むことが多いので、よく物をなくす方などは補償を付けておいたほうが無難だといえるでしょう。

グアムでおすすめのwi-fiレンタルサービスを比較

特におすすめの業者について3つご紹介します。

グローバルWifi Wi-Ho! jetfi
特徴 安心の定額制。国内18空港、38ヶ所のカウンターで受取・返却ができるのも魅力。セキリティ面でもしっかりしている。 wi-fiの契約を忘れていても30分前までなら手続きが可能。300MBプランが格安なのであまり使わない人にもぴったり。 長期滞在予定の方と短期滞在予定の方それぞれに向けたプランを用意。コンビニでも受け取り可能。
料金 4G 高速プラン
・1,170円/日~3G 中速プラン
・870円/日~
グアムワイホー 4G
・980円/日~
グローバルプラン
・980円/日~
端末 GlocalMe G3
※他端末になる場合もあり
AirCard 770S
GlocalMe G3、他
jetfi G3
スマファイ MS01
オプション 安心補償パック/翻訳機/ミニフォトプリンター/バッテリー、他 あんしん保証/AI自動翻訳機/バッテリー/bikiカード、その他 安心パック/安心パックプレミアム/IP電話/マルチ変換プラグ
受取空港 18 7 10
キャンペーン以外の割引 長期割引 長期割引

グローバルWifiは料金面だけを見るとそれほど安いわけではありません。ですがさまざまな受け取り方法と返却方法が用意されているので、利用しやすいのが魅力だといえるでしょう。
また空港カウンターでの返却をすれば返送料も必要ありません。在庫さえあれば当日出発前に空港でレンタルできるのも強みです。

Wi-Hoについてはこちらも直前予約サービスが用意されていて、うっかりレンタルの予約を忘れていた方でも安心。また対応している国の数も多く、タイの他にも足を運ぶ予定の方に向いています。

最後にjetfiは受け取り方法として宅配やコンビニのほか、郵便局、空港なども選択可能です。予備バッテリーのオプションがない点に不安を感じる方もいますが、連続稼働15時間の大容量端末をレンタルできるので、基本的に予備バッテリーは必要ありません。

レンタルwi-fiがあれば安心

海外でインターネットを使う場合にはレンタルwi-fiを活用することをおすすめします。日常生活の中でちょっとしたことを調べる際にもスマホで調べると便利ですよね。

海外でフリーのスポットを探して歩き回るのも大変ですし、速度の問題を感じることもあるため、レンタルサービスを活用してみてはどうでしょうか。さまざまな業者があるので、自分にぴったりのサービスを選択し、グアム旅行を楽しみましょう。

もっと見る

2020年1月28日

タイ旅行でwi-fiレンタルは必要?サービス選びのポイントも解説

タイに出かける際にぜひとも検討したいのがwi-fiレンタルです。それほど使わないだろうからとwi-fiレンタルせずに現地に向かったところ、かなり不便に感じてしまった方も少なくありません。

そこでタイではフリーwi-fiがどの程度整備されているのか、レンタルサービスを検討した方が良いのはなぜかなどについてご紹介するので、参考にしてみてください。

タイのフリーwi-fiの状況!レンタルは必要?

地域によってはフリーのwi-fiサービスがかなり整備されていて、自分で用意しなくてもフリーのものだけで何とかなるケースもあります。タイの場合もカフェやレストラン、ホテル、ショッピングモールなどには整備されているケースが多いのですが、場所によってはほとんど拾えないこともあるのです。

タイの公共フリーwi-fiは「Free Public wi-fi」と呼ばれるもの。会員登録が必要ですが現地に行ったらサービスセンターに足を運び、パスポートを提示することにより登録のためのパスワードを教えてもらえるので、登録自体は手間にはなりません。
またはアカウント登録サイトでパスポート番号や名前、住所、電話番号を入力する形でもパスワードが発行できるのですが、英語で書かれているサイトなので注意しましょう。

ほかにも各店舗でもフリーwi-fiを用意していることがあります。こちらを使用するためにはレシートに記載されているパスワードを使って登録したり、商品を注文する際に店員に直接パスワードを確認したりしなければなりません。ちょっとした手間で済みますが、お店から離れると当然利用できなくなるのでスポットごとに登録をする必要があるのです。

移動しながらインターネットで調べものをしたい場合などは、やはりwi-fiレンタルの検討をおすすめします。いつでもどこでもインターネットが利用できるので、快適に過ごせるでしょう。

タイでwi-fiレンタルする場合のサービスの選び方

どのようにして選ぶかは人それぞれではありますが、必ず確認しておかなければならないポイントについて解説します。

容量に関する注意

2~3人程度で使うのなら、大体500MB程度もあれば間に合うことが多いので、このあたりを基準にして選んでみてください。
世界遺産があるだけでなく、美しいビーチやお土産の選択肢などもたくさんあるので、見て回るポイントが非常に多いです。そのためあちこち見て回ろうと考えている場合は、アナログな地図を使うよりもGoogleマップなどを活用し、効率よく観光したいところですよね。グーグルマップアップは容量をたくさん使うこともあり、できるだけ余裕を持った容量選びをしておきましょう。

一方でアナログの地図を使う予定の方や、フリーwi-fiを用意しているスポットばかり回ろうと考えている場合には、必ずしもwi-fiレンタルで大容量のプランを契約する必要はありません。

「それならばレンタル自体しなくても良いのでは」と考えてしまいがちですが、タイで使える公共のフリーwi-fiはそれほど速度が遅いことでも知られています。なかなかページを開けなくてイライラしてしまう心配も。やはり快適にインターネット接続をしたいのなら、信頼できる会社からレンタルしておくことをおすすめします。

3Gと4G

できるだけ速度が出るものを選択したいのなら4Gがおすすめです。3Gに比べて新しい規格であり、高速通信が可能になります。そのため地図アプリを使う予定がある方は4 Gを選択しましょう。

3Gの速さは4Gの5分の1しかないため、動画閲覧の予定がある方も3Gだと厳しいです。

wi-fiレンタルをタイで行うなら補償はつけたほうが良い?

オプションでさまざまな補償をつけることができるプランもありますが、タイ旅行の場合は盗難に関する補償を付けておくことをおすすめします。特に外国人旅行者を狙った盗難事件が多発しているため、万が一のことを考えておきたいですね。

また盗難被害に遭ってしまったときのことを考慮し、サポートに力を入れているようなレンタル業者を選んでおくのもおすすめです。

タイでおすすめのwi-fiレンタルサービスを比較

タイでwi-fiをレンタルしようと考えた際にどのような業者を選べば良いのか悩んでいる方のために、おすすめのwi-fiレンタルサービスを比較してご紹介します。
自分にぴったりのサービスを探してみてください。

スカイベリー イモトのwifi グローバルWifi
特徴 端末を購入するタイプなので返却不要。何度も海外旅行をする予定の方にぴったり。
各種キャンペーンも多く、コスパも良い。 人気タレントのイモトアヤコさんがイメージキャラクターをつとめる業者で、キャンペーンが豊富。日額での固定料金なので安心。 さまざまな受取・返却方法から選択可能。LINEなど使ったサポートサービスも充実。

スカイベリー イモトのwifi グローバルWifi
特徴 端末を購入するタイプなので返却不要。何度も海外旅行をする予定の方にぴったり。
各種キャンペーンも多く、コスパも良い。
人気タレントのイモトアヤコさんがイメージキャラクターをつとめる業者で、キャンペーンが豊富。日額での固定料金なので安心。 さまざまな受取・返却方法から選択可能。LINEなど使ったサポートサービスも充実。
料金 133円/日~
※端末購入が必要
4G/LTE wi-fi (高速)
・1,280円/日~3G wi-fi (中速)
・680円/日~
4G 高速プラン
・1,170円/日~3G 中速プラン
・870円/日~
端末 Skyberry GiRa MKI Wi-Fi 4G LTE
ZTE MF910、その他
GlocalMe G3
※他端末になる場合もあり
オプション モバイル充電池/補償制度旅行保険/翻訳機/バッテリー、他 安心補償パック/翻訳機/ミニフォトプリンター/バッテリー、他
受取空港 6 18
キャンペーン以外の割引 長期割・早割 長期割引

頻繁に海外旅行に足を運びたいと考えている方におすすめなのが、端末を購入するタイプのスカイベリーです。大きなポイントといえるのが、利用後に端末を返却する必要がないということ。海外旅行のためにレンタルしたものの、うっかり返却を忘れて追加費用を支払うことになってしまった経験がある方も多いはず。
そういった心配もないので安心です。また国内外問わず利用できるのも強みだといえるでしょう。

それからイモトのwifiは知名度が高いですし、独自のキャンペーンも多数実施しているのが魅力。早割の特典が用意されているので、旅行が決まったら早割の対象となる65日前までに申し込んでみましょう。

グローバルWifiについてですが、こちらはさまざまな受取方法・返却方法が用意されているので自分にぴったりのものを選べます。タイ以外にも多くの国に対応しているので、このあたりもポイントです。

安心して旅行するために

タイに足を運ぶ際に検討したいwi-fiレンタルについてご紹介しました。

タイは微笑みの国として知られており、毎年多くの方が観光で足を運んでいる地域です。ですが事前にwi-fiレンタルなどの十分な準備をしていなかったため、思うように楽しめなかった方もいます。レンタルwi-fiを用意しておけばフルにインターネットを活用して情報を収集しながら旅行ができるので、大変便利です。

うまく役立てて楽しい旅行につなげてみてくださいね。

もっと見る
おすすめの海外wi-fiサイトランキング おすすめの海外wi-fi1位のサイト

おすすめサイトはこちら

スカイベリー

スカイベリー

skyberry

格安でありながら、サービスが充実している業者です。端末を購入するタイプであるため、帰国後の端末返却は不要。費用面と手軽さのメリットが大きいといえます。
また、1台の端末で同時に5台のスマホ・タブレットを接続できるという利便性が魅力で、友人同士や家族での海外旅行にもおすすめです。
・国内外問わず利用できる点
・国内料金のまま海外でも高速通信ができる点
・中国でもラインやFacebookが使える(保証はされてないがほぼ使えるみたい)

お役立ちコラムはこちら

海外でユーチューブによる高額請求を避けるにはレンタルwi-fiがおすすめ

生活の一部となりつつあるユーチューブ。毎日、いろいろな動画を視聴している方が多いのではないでしょうか。もしかすると、海外旅行先でも視聴したいと考えている方がいるかもしれませんね。あてはまる方は通信料に注意しましょう。国内と同じように考えていると、帰国後に高額な通信料を請求される恐れがあります。おすすめの対策を紹介するので参考にしてください。

海外でユーチューブを見て高額請求になる場合とは?

海外でユーチューブを視聴すると、予想外の金額を請求されることがあります。以下のケースなどは注意が必要です。

スマホのデータローミングがONになっている

スマホのデータローミングをONにしたままユーチューブを視聴すると、帰国後に高額請求される可能性が高くなります。データローミングとは、契約している携帯電話会社の電波が届かない地域に出かけたときに、その地域をサービスエリアにしている携帯電話会社の電波を利用できる仕組みです。とても便利ですが、契約している携帯電話会社のプランが適用されないため、通信量が多くなると高額請求につながる恐れがあります。

海外パケット定額サービス適用外

データローミングがオンになっていても、海外パケット定額サービスが自動適用されるプランであれば、驚くほど高額請求になることはありません。このサービスが適用されれば、1日あたり3,000円程度でユーチューブを好きなだけ視聴できます。サービス適用外地域へ出かけている方などは、何も考えずにユーチューブを視聴すると帰国後に高額請求される恐れがあります。視聴前に海外パケット定額サービスの利用条件などを確認しておきましょう。

海外でユーチューブアプリを使う場合の通信料と節約術

海外でユーチューブを視聴する場合の通信料の目安と節約術を紹介します。

通信量は画質と時間で異なる

ユーチューブの視聴に必要な通信量は、画質と時間で異なります。ユーチューブの画質には以下の設定があります。

・144p
・240p
・360p
・480p
・720p
・1080p

数字が大きいほど画質はきれいになり、通信量は大きくなります。各画質で10分間の動画を視聴した場合の通信量の目安は次の通りです。

画質 10分間の通信量
144p 20MB
240p 30MB
360p 55MB
480p 100MB
720p 180MB
1080p 340MB

通信料の目安

SoftBankの「海外パケットし放題」定額対象外の地域で通信した場合の料金は、1KBあたり2円(LTE通信は1KBあたり4円)です。1MB=1,000KBなので、1MBの通信料は2,000円となります。以上をもとに計算すると、ユーチューブで10分間の動画(144p)を視聴した場合の通信料は、40,000円程度になると考えられます。

ユーチューブの通信料を節約する方法

国内と同じ感覚でユーチューブを視聴していると、高額な通信料を請求される恐れがあります。通信料が心配な方は次の方法を試すとよいでしょう。

wi-fi接続時のみHD再生をONにする

wi-fi接続時のみHD再生をONにすることで、モバイルデータ通信時の画質を低品質に固定できます。設定方法は以下の通りです。

1.画面右上のアカウントロゴをタップ。
2.設定をタップ。
3.wi-fi接続時のみHD再生をONにする。

自動再生をOFFにする

併せて設定したいのが、自動再生のOFFです。これにより、次の動画の自動再生を停止できます。設定方法は以下の通りです。

1.画面右上のアカウントロゴをタップ。
2.設定をタップ。
3.「次の動画を自動再生」をOFFにする。

海外でユーチューブを見るにはレンタルwi-fiがおすすめ

以上の設定により、ユーチューブの視聴による通信量と通信料を抑えられます。ただし、動画を視聴する限り通信量・通信料を劇的に抑えることはできません。ユーチューブを視聴したい方は、レンタルwi-fiを利用しましょう。レンタルwi-fiには次のメリットがあります。

定額制なので安心して利用できる

海外レンタルwi-fiの料金体系は、1日あたりの通信量と通信料が決められた定額制です。レンタル料金は、1日あたりの通信料×利用日数で決まります。決まった料金しか請求されないので、安心してユーチューブを視聴できます(通信量を追加購入することもできます)。

使い放題でも割安

レンタルwi-fi会社の中には、携帯電話会社とよく似た使い放題プランを用意しているところがあります。料金はエリアにより異なりますが、1日あたり2,000~2,500円程度のことが多いようです。また、キャンペーンを利用すれば半額程度で利用できることもあります。携帯電話会社の海外パケット定額サービスより割安なので、海外でユーチューブを視聴したい方におすすめです。

海外でユーチューブを視聴したい方はレンタルwi-fiを利用しましょう

携帯電話会社の海外パケット定額サービスに加入していない方や同サービスの対象外エリアに出かけている方がデータローミングをONにした状態でユーチューブを視聴すると、帰国後に高額な通信料を請求される恐れがあります。通信量を節約する方法はありますが、根本的な解決にはなりません。高額請求を避けたい方は、定額料金制で割安なレンタルwi-fiの利用を検討しましょう。レンタルwi-fiを利用すれば、海外であっても安心してユーチューブを視聴できます(スマホの設定は必要です)。

> 続きを読む

海外でスマホのwi-fiのテザリングは可能?レンタルwi-fiとの違いや注意点

海外旅行へ出かけるにあたり、スマホのデザリング機能を利用するべきかレンタルwi-fiを利用するべきか悩んでいませんか。お困りの方のために、テザリングの特徴を紹介したうえで、どちらがお得になるか解説します。このページをみれば、海外で利用するべき通信機器がわかるはずです。スマホとレンタルwi-fiでお悩みの方は参考にしてください。

海外でスマホのwi-fiテザリングは可能?

海外でスマホのテザリング機能を利用することはできるのでしょうか。設定方法などとあわせて解説します。

テザリングとは

テザリングとは、モバイル通信できる端末を使ってその他の機器をインターネットに接続することです。例えば、スマホをwi-fiルーターのように利用して、PCやゲーム機などをインターネットに接続することなどをいいます。

テザリングの種類

テザリングには、以下の3種類があります。

・wi-fiテザリング
・Bluetoothテザリング
・USBテザリング

無線で接続できるのは、wi-fiテザリングとBluetoothテザリングです。wi-fiテザリングは速度が速い代わりバッテリーを多く消費する、Bluetoothテザリングはバッテリー消費量が少ない代わり速度が遅い特徴があります。USBデザリングは有線接続ですが、速度が速く通信と充電を同時に行えます。

スマホのテザリング機能は海外でも利用できる

海外テザリングに対応しているスマホであれば、海外でもテザリング機能を利用することができます。海外テザリング機能に対応しているスマホとして、iPhoneやGALAXYなどが挙げられます。

iPhoneのテザリング設定方法

参考に、iPhoneのテザリング設定方法を紹介します。

1.ホーム画面で「設定」をタップ。
2.「インターネット共有」をタップ。
3.「wi-fiのパスワード」をタップ。
4.「完了」をタップ。
5.「ほかの人の接続を許可」をオンに設定。
5-1.wi-fi、Bluetoothの設定を終えていない場合はポップアップ画面で選択。
6.子機にネットワーク名とパスワード名を入力。

以上の設定で、スマホ以外の機器をインターネットに接続できます。

海外で使用するwi-fiテザリングのメリット・デメリット

海外でスマホのテザリング機能を利用する場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

wi-fiテザリングのメリット

海外でスマホのテザリング機能を利用するメリットは、スマホさえあればPCやゲーム機などをインターネットに接続できることです。インターネットに接続する目的で、ルーターを用意する必要はありません。荷物を出来るだけ減らしたい方におすすめといえるかもしれません。

wi-fiテザリングのデメリット

海外でスマホのテザリング機能を利用する最も大きなデメリットは、高額な通信料がかかることです。具体的な料金はケースで異なりますが、データ通信し放題の場合、1日あたり3,000円程度かかることが多いようです。さらに、デザリング機能月額利用料として500円程度かかることもあります。バッテリーの消費が激しくなる点にも注意が必要です。テザリング機能の影響で、肝心なときに通信・通話できないことも考えられます。バッテリー消費はBluetoothテザリングを利用することで抑えられますが、先ほど説明した通り通信速度は遅くなります。バッテリー消費を気にすると、快適にインターネットを利用できないかもしれません。

海外wi-fiレンタルとテザリングはどちらがおすすめ?

海外でインターネットに接続する方法として、海外wi-fiレンタルも挙げられます。スマホのテザリング機能と比べた場合、どちらがおすすめなのでしょうか。

海外wi-fiレンタルのメリット

海外wi-fiレンタルの最も大きなメリットは、通信料がスマホのデータ通信し放題より安いことです。例えば、アジアであれば1日あたり2,000円程度、アメリカ・ヨーロッパであれば1日あたり2,300円程度(ともに通信量無制限)で利用できます。もちろん、テザリング月額料金はかかりません。頻繁に開催されているキャンペーンを利用すれば、料金が50%オフになることもあります。

海外wi-fiレンタルのデメリット

海外wi-fiレンタルのデメリットは、申し込み・受取・返却の手間がかかることです。申し込みはインターネット経由、受取・返却は空港で行えますが、時間的なゆとりがないとやや面倒に感じるかもしれません。wi-fiルーターと充電器を持ち運ばなければならない点にも注意が必要です。

通信料が気になる方は海外wi-fiレンタル

海外wi-fiレンタルにもデメリットはありますが、それほど気にしなければならないものではありません。通信料で比べると、スマホのテザリング機能より海外wi-fiレンタルの方がお得です。スマホのバッテリーを消費しない点も見逃せません。スマホのテザリング機能と海外wi-fiレンタルを比べると、海外wi-fiレンタルのほうが使いやすいといえるでしょう。

海外の通信はスマホのテザリング機能よりwi-fiレンタルがおすすめ

スマホのテザリング機能は海外でも利用できます。設定方法はそれほど難しくありません。メリットはwi-fiルーターを持ち運ばなくてよいこと、デメリットは通信料が高いことです。海外の通信はwi-fiレンタルでも行えます。メリットは通信料が安いこと、デメリットはwi-fiルーターを持ち運ばなければならいことです。以上を理解したうえで、自分に合っている方を選ぶとよいでしょう。通信料を抑えたい方には、海外wi-fiルーターをおすすめします。

> 続きを読む

海外レンタルwi-fiが使える国やエリアの気になる地域事情まとめ

海外へ出かける前に気になるのが、その国のwi-fi事情です。無料で利用できないエリアであれば、海外wi-fiルーターのレンタルなどを検討しなければなりません。このページでは、海外のwi-fi事情をまとめて紹介しています。海外wi-fiルーターのレンタルを検討している方は参考にしてください。

海外レンタルwi-fiが問題なく使える国やエリア

一般的に、次の国やエリアはレンタルwi-fiを不自由なく使えるといわれています。

アメリカ

観光エリアはもちろん、その他のエリアでもレンタルwi-fiを問題なく利用できます。ほぼ全土で快適に通信できるので、レンタルwi-fiを携帯しておく意味は大きいといえるでしょう。配車アプリ(UberやLyftなど)を利用予定の方には、強くおすすめします。ちなみに、無料wi-fiスポットも充実しています。異動中はレンタルwi-fi、ホテルやショッピングモールでは無料wi-fiといった使い方も可能です。

グアム

多くのレンタルwi-fi会社が、現地の通信会社の回線を利用しています。よって、レンタルwi-fiの利用で地元民と同じ通信環境を実現できます。ほぼ全土で利用できるので、レンタルwi-fiを用意しておくと気持ちよく旅を楽しめます。アメリカ本土と同じく、無料wi-fiスポットも充実しています。

カナダ

多くのレンタルwi-fi会社が、主要エリアをカバーする通信網を確保しています。バンクーバー、ケベック、モントリオール、オタワ、トロントなどの観光エリアであれば、不便を感じることなく通信できます。ちなみに、都心部のホテルなどは無料wi-fiを用意していることが多いようです。

シンガポール

シンガポール全土で快適にレンタルwi-fiを利用できます。レンタルwi-fiを用意しておけば、不便なく旅を楽しめるはずです。無料wi-fiスポットも充実していますが、利用にあたり身分証の提示やログインを求められることもあります。これらの手間が面倒な方は、レンタルwi-fiを携帯しておくとよいかもしれません。

韓国

韓国も全土でレンタルwi-fiを利用できる環境が整っています。無料wi-fiスポットも充実していますが、速度が遅い、接続が不安定といったことがあるようです。日本の国内旅行と同じ感覚で旅をしたい方は、レンタルwi-fiを用意しておくとよいでしょう。

レンタルwi-fiやSIMがないと不便な国

次の国で快適に旅をしたい方は、レンタルwi-fiを用意しておきましょう。

中国

急速に発展していることは事実ですが、すべてのエリアが均一に発展しているわけではありません。インターネット環境にも同様のことがいえます。目的地のwi-fi事情を事前に確認しておくことが重要です。上海、北京のような大都市は、無料wi-fiの普及が進んでいます。ただし、無料wi-fiはインターネット規制の対象です。日本と同じようにインターネットを利用したい場合は、VPN付wi-fiルーターなどを利用する必要があります。VPN付wi-fiルーターを使うことで、いつも通りGoogle検索やSNS投稿などを行えます。

オーストラリア

先進国のイメージが強いオーストラリアですが、そのインターネット環境は日本より数年遅れているといわれていました。現在は改善が進んでいるので、空港や公共施設、カフェなどで無料wi-fiを利用できるケースが多くなっています。これらに対し、ホテルは有料のところや時間制限を設けているところなどが存在します。快適に旅をしたいのであれば、レンタルwi-fiを用意しておくほうがよいでしょう。

海外のホテルにwi-fiが設置されている国

以下の国のホテルは、無料wi-fiを提供していることが多いようです。レンタルwi-fiは必要性を見極めて利用するとよいでしょう。

フランス

多くのホテルが無料wi-fiを提供しています。ただし、ID・パスワードなどを必要とすることが多いので、チェックイン時に確認しておくことをおすすめします。上手に活用すれば、レンタルwi-fiの通信量を節約できます。

ドイツ

ドイツもほとんどのホテルが無料wi-fiを用意しています。ただし、設備の古いホテルでは、有線接続のみとなっていることがあるようです。念のため、事前に確認しておくと安心です。

ベルギー

主要都市にあるホテルの多くは、無料wi-fiを用意しています。ただし、速度制限や時間制限を設けているホテルもあります。無料wi-fiがあることだけでなく、利用条件も確認しておくことが重要です。不便さを感じる場合は、レンタルwi-fiを利用するとよいでしょう。

海外wi-fi事情は国やエリアで異なる

海外のwi-fi事情は国やエリアで異なります。必要に応じて、レンタルwi-fiを利用しましょう。レンタルwi-fiがあれば、移動中でも自由にインターネットに接続できます。観光中に、SNSで情報を確認することや配車アプリでタクシーを呼ぶことなどが可能になります。ネットがあって当たり前の社会になっているので、以前に比べレンタルwi-fiの必要性は高まっています。快適に旅したい方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
軽作業求人サイトランキング

おすすめサイト

口コミ投稿はこちらから!